チヌ円錐ウキ

波止釣り・磯釣りの人気ターゲット『チヌ』を円錐ウキで狙う基本的な仕掛けです。近場の波止でも50㎝級の大物が狙え、季節に応じて数釣りや型狙いが楽しめます。釣るのは難しいですが、釣れた時の達成感と見事な容姿が釣り人を魅了します。

釣り方は円錐ウキを使ったウキ釣りが一般的で、チヌ用の集魚材を撒きながら撒き餌と刺し餌を同調させて狙います。警戒心が強いので出来るだけ仕掛けは軽く・細くが良く、扱える範囲でその日の状況(ポイントの水深・潮の流れの速さ等)で使い分けます。

仕掛けは全遊動と半遊動があります。全遊動は撒き餌と刺し餌を潮の流れに乗せながら沈めて、チヌの喰う深さを探りながら釣るのに適しています。上層から底まで探れるので釣りの応用が効きやすくチヌ以外にグレも狙いたい時に良い釣り方です。半遊動は狙いたい深さをウキ止めで決めてから狙う釣り方で、水深の深い釣り場や底を中心に狙う時に適しています。仕掛け図は半遊動で、この仕掛け図からウキ止めとサルカンをはずし、道糸をハリスを直に結ぶと全遊動の仕掛けとなります。

刺し餌はオキアミがメインですが、チヌの食性が雑食である為に地域によっては様々な餌で狙えます。関西ではオキアミの他はダンゴエサ、コーン、サナギ等のエサ盗りに強い餌で狙う場合が多いです。

 

必要なアイテム

  • ロッド(チヌ竿)

    一般的な磯竿とは違い『チヌ竿』は胴調子で細い糸を使うのに適しています。0号や0.6号等細い仕掛けに対応した号数がラインナップにあります。また穂先でアタリを取りやすい様に白で染色し見やすくしているモデルもあります。長さは5.3Mが一般的で、5.0Mや4.5M、5.7Mもあります。釣り場の特徴に合せて選択します。

  • リール(スピニングリール)

    スピニングリールを使用します。レバーブレーキが付いたタイプと付いてないタイプがあります。レバーブレーキのリールはハンドルの逆転がレバーで調整出来るので、自分の思う時に糸が出せます。慣れると大きな魚が掛かった時にやり取りがし易くなるメリットがあります。レバーブレーキの付いてないタイプはドラグで糸の出を調整します。やりとりの最中でも調整できますが、レバーブレーキ付きのリールに比べると瞬間的な速さでの調整に欠ける為、やり取りには慎重さが必要です。

  • ライン(道糸)

    リールに巻く糸の事を道糸と呼びます。チヌを狙う場合ナイロンラインの1.5号~2.5号をメインに使用します。『フロートタイプ』と『サスペンドタイプ』がありフロートタイプは水に浮き、仕掛けがどこにあるか分かりやすく、サスペンドタイプは少し水に沈む為、風の強い日等に有効です。

  • 円錐ウキ

    超遠投がより簡単に出来るヘービーウエイトモデルを選択します。オモリ負荷より本体の重量が重いほど遠投性がまします。ラインが通る穴が大きい方がラインの抵抗が少なく仕掛けのなじみが早くなります。

  • ウキ止め(糸・ゴム)

    『糸』タイプと『ゴム』タイプがあり、『糸』タイプはラインに糸を結びつけてコブを作るので、コブが小さく竿からの放出がスムーズ等のメリットが、『ゴム』タイプはコブが大きく竿の放出が少し抵抗がありますが、棚がずれにくいメリットがあります。

  • シモリ玉・潮受けウキゴム・からまん棒

    シモリ玉はウキ止めの下に通してウキをしっかり止める役割を担います。潮受けウキゴムはウキの下に通して、仕掛けを流すバランスを調整してくれる役割を担います。からまん棒はウキの下に装着します。ウキがサルカンに直接当たらない様(仕掛けが絡まない様)にしてくれます。からまん棒と潮受けウキゴムの装着はどちらか一方で構いません。

  • サルカン

    道糸とハリスの結合に必要なアイテムで、糸ヨレを軽減してくれます。重さがあまり気にならない出来るだけ小型の物を使用したほうが、円錐ウキの浮力設定がしやすいです。

  • ガン玉

    円錐ウキの浮力調整に使うのが、一般的にガン玉と呼ばれるオモリです。円錐ウキの表記が2Bなら2Bのガン玉を使うとバランス良く釣りが出来ます。初めて購入する時はセットになったタイプがケースも付いているので使いやすくて便利です。

  • ハリス

    一般的に『フロロカーボン』素材の物を使用します。チヌ釣りでは0.8号から1.5号くらいの太さで、手をいっぱいに広げた(ひとヒロ)長さの2回分(ふたヒロ)を使用するのが一般的です。

  • チヌ針

    自分で結ぶ『バラ針』タイプと初めから結んである『糸付き針』タイプが有ります。初めは『糸付き針』タイプが便利で使いやすいですが、ハリスの長さや太さの融通が効きにくい為、慣れてくると『バラ針』タイプを使用したほうが釣りがし易くなります。