投げ釣り

投げ釣りはちょい投げ釣りと違い専用竿に中型~大型のリールで専用の天秤オモリをして3本~4本針で出来た仕掛けを使用し投げて魚を狙う釣り方です。

釣り方は専用天秤オモリ15~30号クラスがついた仕掛けを力いっぱいに遠投して沖にあるシモリや藻場をさぐり置き竿で狙うこともあるので2~3セットぐらい用意して効率良くさぐればさらに釣果に繋がり易いと思います。

アタリはモゾモゾッやコンコンッという感じで出るので糸を巻きながらしっかりと合わせをいれます。
(ターゲットによって目を離したすきに竿ごと持って行かれる場合もあるので注意が必要です)

エサはイソメやマムシを使用しますがエサ取りが多く釣りにならない場合はコウジなどをエサ取りに強いエサを使えば釣りがしやすいです。

必要なアイテム

  • ロッド

    投げ釣りは専用竿を使用します。理由としてオモリ15号~30号クラスの投げ釣り専用オモリを使用して遠投する為に専用ロッド以外の竿では投げることが出来ず最悪折れてしまうことがあるので注意が必要です。
    重たい仕掛けを遠くへ飛ばすことが重要な釣りですので竿は全体的に硬めの竿がオススメですが、投げにくい場合は3.0~3.6m前後の柔らかめの竿を使用してもよいでしょう。

  • リール

    投げ釣りでは重たい仕掛けを遠くへ飛ばすことが重要な釣りですので投げ釣り専用の大型リールを使用します。
    汎用スピニングリールに比べて飛距離を伸ばしやすかったり、巻き上げやすく設計されています。
    (PEライン専用やナイロンライン専用のモデルがありますので用途に合わせて使い分けるとよいでしょう。)
    ただ3500~4000番クラスのスピニングリールをお持ちならそれでも代用は出来ます。
    ナイロンライン4~6号を200mぐらい巻いておけば大丈夫です。

  • ライン

    ラインはPE・ナイロン・フロロなど色々な種類の中でトラブルが少ないナイロンラインを使用するのがオススメです。2~3号クラスのナイロンラインを100mぐらい巻いておけば安心です。慣れてくると細くて強度があり、飛距離を伸ばすことが出来てアタリが取りやすくなるPEラインを使用してみることもオススメします。

  • 投げ釣りオモリ

    投げ釣りには専用のオモリが存在し、その中でも一番知られているのがジェット天秤なのです。ただ飛ばすだけのオモリでなく、仕掛けとオモリが絡まることを軽減してくれる役割を持っています。そして固定式と遊動式の天秤があり固定式は初心者でも簡単に取付することができ引き釣りにオススメです。遊動式は固定式と違い仕掛けと道糸がオモリで止まることなく自在に動くので魚がエサ食い込んでも抵抗が少なく、置き竿にオススメです。

  • 投げ釣り仕掛け

    投げ釣り仕掛けは各メーカーからそれぞれのターゲットに適した仕掛けが販売されています。最初は2~3本針仕掛けから初めてもらうとトラブルも少なくなると思います。それとパッケージから取り出したばかりの仕掛けは少しヨレヨレでクセがついているので軽く左右に引っ張って直してあげるとさらにトラブルを防ぐことができます。