•            
  • 会社概要
sp-menu
淡路由良サンバソウ

【ロッド】専用ロッドが無いので、船用ライトゲームロッド8:2 2m迄、Hタイプ、船用タコロッド、タチウオテンヤロッド、ジギングロッドなど。

【リール】釣場の水深は浅いが、手返しを早くする為、電動リールが有利。中型両軸リールでも可。

【ライン】PE3~4号150~200m。リーダーはフロロカーボン8号2m位。

【仕掛】船内で販売。市販品なら<がまかつ>船六目胴突仕掛3本(FD-118)5号、<オーナー>船八目仕掛50㎝5号。ただし、下針~オモリ迄が短いので、糸を足して仕掛け図の長さにして下さい。

【オモリ】ホゴオモリ70号。潮流が速いのと確実に底をキープする為に重い目を使用。

【釣り方】キモは確実な底のキープとエサが付いているかの確認です。(2~3分に一度、仕掛けを上げて確認。簡単な事ですが、これが一番大事かもしれません)穴に仕掛が落ちる感じがあれば、そのまま落とします。ここで良く当たります。当たりはコトコトと割と明確にでますが、早合わせは禁物。穂先を持ち込んでから合わせて下さい。釣ったサンバソウは共同のイケスに入れておくので、フイッシュマーカーがあれば便利です。サンバソウは帰港後、船頭さんが締めてくれます。各地のイシダイ、サンバソウを釣ったり、貰ったりして食べましたが、(貰ったのがほとんどですが)今までで一番、美味しかったと思います。

 

必要なアイテム

  • ロッド

    専用のロッドは無いので、船用ライトゲームロッド8:2H、船用タコロッド、船用タチウオテンヤロッドを使用。中でも<プロトラスト>アネスタ蛸餌木スペシャルⅡがオススメ。バットがしっかりしているので、やり取りが楽!ポイントが非常に狭いので、竿の長さが短めのタコロッドは最適です。

  • リール

    電動リールがオススメ。

    ダイワ 200~300番

    シマノ 400~800番

    手巻きの両軸リールでもよいが、2~3分に一回の手返しが必要なので、疲れます。

    なお、電動リール使用の場合は電源が無いので、バッテリーを持参して下さい。

  • ライン

    PE3~4号。

    水深は40m前後と浅いのですが、高切れの事も考えて150~200m巻いておくと安心。

    リーダーはフロロカーボン8号を2mを結節。

     

  • オモリ

    ホゴオモリ70号。

    根掛りが多いので、8~10ケと多い目の持参をお勧めします。