瀬戸内ジギング

瀬戸内ジギングでは、浅瀬の砂地エリアではスピニング。急流ポイントではベイトタックルをメインに使用します。

どちらもMAX150g程度のロッドがメインです。青物が捕食するベイトも様々で、イワシ・アジ・太刀魚など、季節や

エリアによって様々。その度に、微妙ではありますがジグの形状・重さなどが変化します。

釣行前に、店舗で情報を集めておきましょう!

必要なアイテム

  • ロッド

    MAX150g程度のロッドが季節、捕食しているベイトが太刀魚等でジグウエイトが200g以上の時はうまくジグの動きを殺してくれて使い易い。

  • リール

    スピニングはダイワなら4000番台、シマノなら6000番台程度。

    ベイトはダイワなら15~35番程度、シマノなら1500~2000番程度。

    ラインはスピニングなら2号~3号、ベイトなら3~4号程度。

    リーダーは30lb~50lb。

  • ジグ

    季節やベイトにもよりますが、

    ショートジグなら100g~150g

    ロングジグなら200~300g程度。

  • PEライン

    年間通じて、

    スピニングは2~3号。

    ベイトは3~4号。

     

  • リーダー

    年間通じて、

    スピニングは35lb~40lb。

    ベイトは40~50lb。

  • フック・金属パーツ・ノット

    フックはジグのサイズに合わせて選びます。

    ジグの長さの1/3程度の場所に針がくる程度。

    コンビリングに装着後、トリプルニットノットで

    しっかり結びましょう。

狙える魚