船ライトタチウオテンヤ

ライトテンヤタチウオは通常のテンヤタチウオと違い20~60gのライトテンヤ、1号未満の極細PEライン、軽量なロッド、小型リールを使って、タチウオとの駆け引きを楽しむ新釣法です。

・竿はライトテンヤ専用竿もありますが、メタルスッテやタイラバロッドでも流用可能。
・道糸はPE0.6~0.8号 リーダー5号
・専用テンヤ サーベルマスター ドラゴン (潮が早い時や深場の時はナスオモリ10~20号仕様
・エサ サンマ

釣り方:通常のテンヤを使ったタチウオ釣りでは、小さなアタリ、微妙なアタリに即アワセで対応するスタイルが効果的であったりしますが、『ライトテンヤタチウオ』では、即アワセや空アワセは厳禁!どんなアタリ、違和感であっても、穂先がしっかり締め込まれ、タチウオの重量感を確実に感じることができるまで待つ。これが大切です。ガツンッと、いきなりタチウオが穂先を締め込むこともありますが、このときも重みを感じてからアワセることが基本です。
フワフワ、コツコツという小さいアタリしか出ないときは、いろいろな誘いを掛けて、しっかり喰い込ませることが大切。止めたり、タタいたり、ゆっくり上下したり…。“エサの周りにタチウオはいる!”と信じて誘いを掛け続けましょう。エサだけを取られてしまわないよう、確実にエサを付けることも重要な基本項目です。

必要なアイテム

  • ロッド

    『条件を満たせば手持ちの道具を流用することも可能です。

    「やってみたい」、「でもいきなり専用タックルを揃えるのは…」という方はメタル

    スッテ用、鯛ラバ、一つテンヤ用、アオリイカ用ロッド等の流用も可能です。

  • リール

    ベイトリールは小型サイズを使用。

    一般的な釣り場では、1号を200m巻けるキャパシティがあれば十分。

     

  • ライン

    PEラインは0.6~0.8号で200M巻き以上であれば良いです。10メーター単位で色分けしてあるものを選ぶと便利。

    リーダーはフロロカーボン5号ぐらいあれば十分です。

  • テンヤ

    専用サーベルマスター ドラゴンを使用。

    基本はテンヤ単体での使用しますが、

    タチウオのタナの変化や潮・水深に対応し、ナスオモリをテンヤに装着します。