船胴突き仕掛け

胴突き仕掛けは船釣りの基本となる仕掛けです。

対象となるのはアジといった小物からマダイ・青物などの大物、さらに深海釣りまで、何でも 釣ることができる仕掛です。市販の仕掛も対象魚ごとに様々なものが出ています。
ちなみ、仕掛けの一番下の部分にオモリが来る仕掛けを胴突き仕掛けといいます。

ハリやハリス・幹糸のサイズは対象魚に合わせて大きさを変えます。エサもオキアミ・虫エサ・魚やイカの切り身など幅広く使われますが、こちらも対象魚に合わせます。

釣り方は仕掛けを真下に降ろしてアタリを待つといういたってシンプルなものです。

必要なアイテム

  • リール

    船釣りの場合、巻く力が求まられるので両軸リールを使用します。水深の浅い場合は手巻きリールで水深がわかるカウンター付きが便利です。より深いところを狙う場合は電動リールが便利です。電動リールを使用する場合、船に電源取る端子があるかどうか確認が必要になります。端子のない場合は専用のバッテリーが必要です。船頭さんにお問い合わせください。

  • 竿

    様々な魚種が狙えるので、竿も対象に合わせて選びます。
    アジ、マダイや青物は胴の柔らかい胴調子の竿がオススメ(6:4や5:5といった表記のもの)。一方ガシラ等の根魚やカワハギ等は先の柔らかい先調子の竿を使用する場合が多いです(7:3や8:2といった表記のもの)。竿の硬さ(どのくらいオモリが乗るか)は使うオモリや水深などで変わってくるので一度出船前にご確認下さい。

  • オモリ

    文字通り仕掛けを目的の水深まで送り込む重しの役割を果たします。よく使われるのは写真左の六角といわれる形です。ただ、底を狙うガシラやメバルの場合は根掛かりが多くなるので写真真ん中の平型や左のホゴオモリという形が根掛かり回避してくれます。何号を使うかは水深や潮の速さにも寄ります。(事前に船宿にお問い合わせください。)

  • PEライン

    引っ張り強度や感度(細かいアタリを取る)の面からラインはPEラインを使用します。太さは対象魚によって変わります。小物釣りなら2号くらいまででほぼOKです。巻量は釣る場所の水深の2倍くらいがベストです(トラブルがあった時にもう一回釣りができます)。PEラインは撚り糸で撚り数が多いほど強度が増し、糸の滑りも良くなります。

  • ゴム磁石

    全長やハリスの長い胴突き仕掛けを船べりで絡まないようにするアイテムです。磁石になっているので、釣バリが引っ付き、きれいに並べることができます。風が吹いてもハリは外れず、ハリスが絡むことがありません。そのままオモリを投入すれば絡まず仕掛けが落ちていきます。ゴム磁石の長さは数種類あります。仕掛けの長さに合わせて選んでください。

  • 竿受け

    船べりで竿を固定しておくアイテムです。エサ交換や仕掛けの回収時に竿を固定しておけば両手が空いて作業が便利になります。また、置き竿にて釣りをする場合は必携です。大きさが数種類あります。竿の太さや何を釣るかによって対応するものが変ります。船に備え付けてある場合もありますので、船頭さんにお問い合わせてください。

  • 仕掛

    対象魚のよっていろいろなバリエーションがあります。
    浅場でガシラ狙いの場合、全長は1m位、枝の数は2から3本を使うことが多いです。一方、日本海方面にてマダイを狙う場合、全長12m、枝は5本という仕掛けを使います。まずは市販されている仕掛けを使うのが無難です。どのような仕掛けを使うか釣具店で聴いていただくか、事前に船頭さんに問い合わせてください。

  • シモリ玉

    今どこに仕掛けがあるか確認するため、また糸を巻き過ぎて竿先を折らないようにするためにつけます。糸の太さに合わせてチョイスしてください。シモリ玉が潮の流れを受けて仕掛けが絡む場合がありますのでその場合は付けなくてもOKです。