•            
  • 会社概要
sp-menu
鳥羽タテ釣り

【竿】落とし込み専用竿 2~2.5M前後 7:3調子
【リール】 電動両軸リール
【ライン】 PE2~3号200m
【仕掛け】 市販の落とし込み仕掛け
【オモリ】 60号~80号

釣り方

ベイトがいる棚まで仕掛けを落とし、エサ(イワシ、アジ)が付いたら本命の当たりが来るまで待ちます。竿先がエサでピクピクするのはエサが元気に泳いでいる証拠です。

(突然エサが大きく暴れたり、ピタッと動きが止まったりする)を待ちます。

アタリがあればしっかりと喰いこます為に竿先がしっかり入るタイミングで、ゆっくり大きく合せて慌てずにリールを巻き取ります。

いかにベイトとなるエサを付けることができるかが釣果を伸ばすポイントです。

必要なアイテム

  • ロッド

    ロッド)大型青物にも対応の強力なバッドパワーを持ちながらもアジの暴れる状態が把握でき、乗りを明確に伝える

    ソリッド穂先を用いた専用竿がオススメ。手持ちでアタリを待つ為軽量である方が良い。長さが2~2.5M前後が使い

    易い。
    例)
    プロトラスト アネスタ 落とし込みスペシャル235

    プロトラスト トルクリフター200H

  • 市販の落とし込み仕掛

     

    仕掛け)市販の落とし込み仕掛け(幹糸8号~14号、ハリス8号~12号)

    大型の青物にも対応する太ハリス。

    釣れない状態が続いても針先が底に擦れて鈍って来る事もある為、数時間毎に取り換える方が良い。

    投入前のハリス(キズ・縮れ)・針先のチェックは必ず行いましょう。