•            
  • 会社概要
sp-menu

つりのトレンド情報

瀬戸内人気の一つテンヤ釣行

ここ近年瀬戸内で人気上昇中の一つテンヤ釣りに行って来ました。

岡山県玉野から出船し、宇野~高松沖の水深15~38mを釣り回りました。海底は砂地が多く、時々根掛かりが

あるような場所です。

タックルは一つテンヤ専用ロッドでリールにはPEライン0.6号を150m。リーダーは2.5から3号をセット。

一つテンヤは6号、8号をメインに使い、エサは生きた海エビを付けました。

釣り方はタイラバと異なり、一度海底に着底させテンヤを舞い上げてフォールで食わせます。テンヤの

形、色、重さを変えながら反応のいい仕掛けを選んで釣ります。

今回同行したメンバーはタイを全員釣る事が出来、多い人で10匹釣った人もいました。タイのサイズは

30~60cmオーバーが揃いました。一つテンヤはエサを使うので、タイの他にもアコウ、カサゴ、コチ、

チヌ、ギザミ、タモリ(セトダイ)、フグなどいろいろな魚が釣れます。一つテンヤ釣りはアタリの数も多いし、誘い

や合わせなどのテクニックもいるので飽きることなく楽しめれるので、オススメな釣りです。

 

 

おすすめ 一つテンヤ

ハヤブサの新製品で貫撃シリーズの3種類。 タングステンタイプの【カブラTG‐Ⅱ】ヘッド全体が丸く、一部カット

されていて素早く落ち、誘えばダートします。【テンヤTG】タングステンで台形をしており誘うときゆらゆらフォールし

アピール時間が長くとれます。【テンヤDT】鉛式 水受けがよく動きのよいダートタイプ。今回タイの釣果もよく

おすすめな一品です。3種類ともエビズレンが装着されていてエビが取れにくいテンヤです。

便利グッズ

釣れたタイやアコウなどの魚を手で持つのは危険です。滑ったり、トゲが刺さったり

歯で噛まれそうになったりする事もあります。船の上はよけいにあぶないです。

ガッチリキープ出来る PT-140メガフィッシュグリップミニでがおすすめです。

 

一覧に戻る