•            
  • 会社概要
sp-menu
ショアテンヤ

人気沸騰中のひとつテンヤをショアから(陸から)行うショアテンヤ釣法
釣り人なら誰しもが一度は夢見る「ショアから真鯛を釣る」というコンセプトが話題になっています。

テンヤを沖に向けてキャストし着底させます。
着底後、テンヤを持ち上げるイメージで2~3度シャクり
再度沈む(フォール)最中のアタリを取って合わせるという釣り方です。

テンヤの号数は軽い方が良く釣れますが、とりあえずは底が取れる号数から始めて下さい。
メインターゲットは真鯛ですが、その他にアコウ、カサゴといった根魚も一緒に釣る事が出来ます。

エギングタックルやシーバスタックルを流用して気軽にチャレンジできるので、是非チャレンジしてみて下さい!

必要なアイテム

  • ひとつテンヤ

    V.I.Soul)三笠 一つテンヤ
    リアクションに特化した、通称「笠岡スタイル」の一つテンヤ。
    オモリに装着した”エビズレン”は、キャスト時にテンヤをピンピンとシャクったときに海エビがズレるのを防いでくれます。
    また、独自形状のオモリは水切りが良いので操作性が高く、軽快なダートアクションを可能にします。水の抵抗を受けにくいので
    海エビが弱りにくいのも特徴です。まさに、ショアテンヤには絶好の特徴を備えています。

  • エビズレン 替え孫針 フックシャープナー

    ・エビズレン
    海エビを固定するためのアイテム。孫針用の穴に取り付けて使う。
    ・替えの孫針
    一つテンヤをする上での必需品です。孫針には負担がかかりやすく、針先が曲がってしまったり先端部が鈍ってくることもしばしば。こまめにフック点検をすることで、アタリからフッキングまでがスムーズになり釣果アップにつながります。
    ・フックシャープナー
    溝の部分に数回針先を通すだけで研ぐことができて非常に便利です。
    釣行前や魚が釣れた後には必ず針先をチェックしましょう。アタリがあってもなかなか乗らない場合も、シャープナーで
    針先を研いで次のアタリに備えることが大切です。