•            
  • 会社概要
sp-menu
ダウンショットリグ

ラインとフックを結び余ったラインにシンカーを付けたリグの事、フックの針先が上を向いた状態でセットする、フックとシンカーの間隔は15cm+-5cmが標準、遠投をする場合は、フックとシンカーの間隔が角度が少なくなる為、広めにセットする、シンカーの重量は、ボトムの取れる最低限の重さが良い、1,5g~3gが標準、ダウンショットリグは障害物の多い場所では根掛かりが多く不向きであるが、ガード付マス針及びオフセットワームを使用する事である程度はカバーできる、キャスト後ボトムにシンカーが定着したまま 小刻みにシェイクする、ラインを張りすぎるとワームの動きが悪くなる為、ラインを張らず緩めず状態でシェイクする。 このリグは常吉リグと同じである。

必要なアイテム

  • ロッド

    スピニングバスロッド、長さは6ftクラス、硬さはライトタイプでボトムが分かり易い先調子ファーストテーパーで感度の重視のチューブラ穂先が良い、クオーテッドファーストはダウンショット以外にもノーシンカ―リグ、軽量プラグ迄使用出来てライトアクションにトルクを持たせたロッドです、

  • リール

    スピニングタックルがオススメ 2000~2500番クラスのリールがオススメ、左画像のバンッアー2508Hはタフネスボディでリールスタンド装備リールスタンドにフックキーパーも付いてます、ラインキャパはナイロン5lb100m右画像のセレオス2000はベアリング5個で軽量スピニングリールです。

     

  • ライン

    ダウンショットリグにオススメのラインは 3lb~6lbが標準です、ナイロンラインは比重が軽く軟らかくトラブルレス、フロロラインは比重が重くかけ上がり等の糸スレに強く伸びが無くフッキング重視ラインです、100m巻いていれば充分です。

  • フック

    マス鈎がオススメ、根掛かりが多い場所ではガード付ラインを使用するかオフセットフックにすると根掛かり防止となる、針先が上を向くようにセットして下さい、フックが下向きだとバラシが多くなります。

  • ワーム

    ダウンショットに利用できるワームの種類は豊富、ストレート、シャッドテール、ツインテール、ホグワーム何でも使える、横スライドするアクションより一点でネチネチとアクションさせる場合が多い、直接穂先にアタリが出易いリグであるがキャスト直後にヒットする場合も多いのでフリーホールさせている時はラインで当たりを取る場合も多い

  • シンカー

    各メーカーよりダウンショット用のシンカー出ています。   1・5g~3gが標準な重さであるが、ヘビーダウンショット5g~7gを使用する場合もある、ボトムの定着が分かる最低限の重さにする、ロッド、ライン、使用ワームによってシンカーの重さは変わるので色々なシンカーを持って行きましょう。