•            
  • 会社概要
sp-menu
チニング

3月、4月の乗っ込みシーズンも一段落し、産卵を終えたチヌが河口に戻ってきます。梅雨の時期から主に河川、砂浜、磯場などの水深が1.5m以内の浅瀬がポイントとなります。水温が20度を超えるとチヌの活性も上がり、水温が25度を超える8月位に最盛期を迎えます。釣行時間はド干潮から水位が上がり出す潮がベストとなり、朝、夕マズメのタイミングで干潮からの上げ潮の条件がマッチすれば、チヌに巡り合う可能性も大です。

必要なアイテム

  • ロッド

    8ft前後のライトSWロッドを使用。L(ライト)からML(ミディアムライト)位の調子が投げやすく、アクションもさせ易く重宝します。
    参照ロッド:
    シーオウル782ML(プロトラスト)

  • リール

    2500番から3000番クラスのスピニングリールを使用します。
    参照リール:
    セレオス リゼル(プロトラスト)

  • リーダー

    ショックリーダーは掛けた獲物は獲るという概念から3~5号位のフロロリーダーを使用。リグのアクションに支障があるようなら糸癖の少ないナイロンリーダーにチェンジする事により、スムーズなアクションを演出します。
    参照リーダー:
    プレミアムマックスショックリーダー(クレハ)
    シーバスショックリーダー(バリバス)

  • 使用したルアー・ワーム

    今回は流れのあるフィールドの為、クロー系ワームでテキサス・ビフテキを使って

    流れに沿ってアクションを入れていきました。

    喰い渋る時は、少し待ってみるのも効果があります。