ライトジギング

船から軽量のジグを使い浅場(5~60m前後)でのジギングです。メインターゲットはキジハタ・ガシラ・メバル等の根魚やヒラメ・マゴチ・スズキ・イサキ・真鯛・アジ・アマダイ等場所や季節に応じて様々な魚種が狙えます。使用するジグは80gまでと軽く、動きか仕方も軽くジャークさせたりタダ巻と通常のジギングと比べて非常に楽です。タックルも専用タックルも有りますが、バス・エギング・イカメタル・タイラバ等様々なタックルで出来るのが魅力的です。

必要なアイテム

  • ロッド

    ライトジギング用ならライトやスーパーライト、又は1や2番までの物が使い易いです。それ以外にもバスロッドのML~MH、ティップラン・イカメタル用またタイラバやエギングロッドも使用可能です。

  • ベイトリール

    小型のライトジギング用やバス用の物でOKです。

  • メインライン

    リールにはPEラインを巻いて下さい。太さは0.6~1号までが良いです。ナイロン・フロロでは伸びが有るので、アタリが分り難く不向きです。

  • リーダー

    PEラインを使用する時は先に5m程リーダーを付けます。PEラインは根ズレや魚の歯に弱く、触れるとキズが入りやすく切れてしまいます。それを防ぐ為にキズに強いフロロカーボンやナイロンを使用します。

  • メタルジグ

    主に20~80gを使用。使い易いジグははスロー用やセンターバランスと書かれている物です。軽くジャークするだけで動きが大きく、落ちる時もヒラヒラ落ちるのでアピール力が高く万能タイプです。

  • 頭とお尻にジギングやライトジギング用アシストと書かれている専用の鈎を付けます。元々頭に鈎が付いているジグも有りますが、殆どの物が1本タイプです。鈎掛かりを良くする為に2本タイプに交換する事をお勧めします。お尻にも鈎を付けた方が魚が掛かり易いですが、根掛かりも増えてしまいます。底が起伏の激しい岩場等場所で釣りをする時は無くても良いです。トリプルフックはジグを動かす時に糸に絡み易く、魚が掛かってもバレ易いので使用は控えた方が良いです。

  • スプリット・ソリッドリング

    鈎をジグに付ける時にスプリットリングを使用します。またリングに糸を結ぶ用のソリッドリングも付けます。スナップはどんなに強度が有る物を使用しても開く可能性が高いのでジグとの接続に使用しないで下さい。

  • 番外編 オモクル

    テールスピンジグも魚が良く釣れるアイテムです。そのままでは軽い場合が有るので、ルアーを結ぶ前に中通しの重りを付け重くします。底に落として巻くだけなので簡単です。