ワインド釣法

ワインド釣法とはジグヘッドとワームを使用し、竿を上下にシャクる事によってルアーを左右にダートさせる釣りです。ダートさせることによって魚の捕食本能を刺激し、強制的に捕食スイッチを入れリアクションバイトで釣っていきます。キャストしたあと、底まで沈ませてシャクリながら表層まで探っていくことで全ての層を探ることができます。タチウオのタナは変動しますのでカウントしながら落とすことで、「どのタナにタチウオがいるのか」を意識しながら釣りをすることがポイント。初心者の方でも簡単にできるオススメな釣りです。シーズンは夏ぐらいから秋、時間帯は朝まづめ、夕まづめから夜がよく釣れます。

必要なアイテム

  • ワインドロッド

    長さ:8フィートぐらい 硬さ:M~MH ワインド専用ロッドが好ましいがエギングロッドでも代用できます。ワインド専用ロッドはグリップが長めに作られている為、腕への負担が軽減、一定のリズムでアクションをすることができます。バットはしっかりしていて、かつティップがしなやかなタイプだとアクションをつけやすいのでオススメです。

  • リール

    ダイワ・シマノ2500~3000番台。PEラインを使用するのが前提でありますのでPE0.6~1号が150m巻けるもの、腕の負担を軽減させる為に軽量が良い。エギングと基本的には変わりませんのでエギング専用リールなどの浅溝タイプでも全然OKです。ハイギア・ノーマルギアとありますが基本的にはどちらでも使用できます。

  • ライン

    0.6~1号150~200mを使用します。4本撚りのラインよりも、8本撚りのラインの方が耐久性等、トラブル、スベリの良さ等も含めトータルでオススメです。ワインドの切れのあるダート、ターンするスピードなどを出す為には伸びが少ないPEラインが必要となってきます。ラインを細くすることでアタリや飛距離は上がります。

  • リーダー

    4~7号のフロロ・ナイロンリーダー・ワイヤーリーダーを使用。長さは1ヒロ~1ヒロ半で大丈夫です。ナイロンよりフロロの方がまだ切られにくいのでフロロがオススメ。ワイヤーリーダーは10~15cmで大丈夫です。ワイヤーは切られないですが、ワイヤーの音を嫌うことがあり、喰い渋る時があります。ルアーを失くすのがイヤな方はワイヤーでも大丈夫です。

  • ワインド用ルアー

    ルアーのヘッドウェイトは7~30g。よく使用するのは12、14gです。ヘッドのカラーは金・シルバー・グローが定番です。釣れるタナや潮の状況によって重さを変えていくことが重要。ワームの定番カラーはパール系・グロー系です。アシストはフックはダブルとシングルがありますがシングルがオススメ。シングルの方が掛かりが良いからです。ケミホタルは何色もカラーがございますが、ド定番のイエローが見やすいです。