船のませ仕掛け

【竿】 2m前後で30号~80号 7:3調子。 6:4調子。
【リール】 電動リールが好ましいが手巻きでも可
【ライン】 PE3~6号200m~300m
【仕掛け】 のませ仕掛け1本か2本鈎
【オモリ】 30号~80号

釣り方:活きたアジやイワシを鈎に付け船頭の指示の深さまで落とします。
竿先がエサでピクピクしていますが青物にロックオンされ一瞬竿先が止まったら
次の瞬間、竿先が海に舞い込みファイト開始です。

釣れる魚も高級魚や大型の魚が多く、ご家族・親戚に大変喜ばれる魚が多いのも特徴です。
爆釣過ぎて時間より早く上がるなんていう事がおこるのもこの釣りの特徴ですね!

必要なアイテム

  • トルクリフター200MH

    こちらのロッドは、30号~80号までのオモリの使用が可能でほとんど地域をカバーする事が出来ます。竿の長さも近年どんどん短くなってきており2m前後が主流となってきております。フルカーボンソリッドとなっており竿先は、活きエサの状態が分かる繊細さと魚が掛かってからは、脅威のトルクとパワーで魚を上げてきます。初心者から上級者まで幅広く納得して頂けるロッドですので是非ご使用下さいませ。

  • 電動リール

    ダイワなら400番以上、シマノなら1000番以上をご使用下さい。糸は、PEラインを使用し、地域・対象魚にもよりますが3号200m~6号300mまでがほとんどです。魚が掛かってから一気に巻き上げて来る様なパワーのあるリールをオススメ致します。魚の引きが強い時は、電動と手巻きの両方で巻き上げてくる様にします。

  • PEライン

    リールに巻く糸は、PEラインを使用します。糸自体に伸びが少なく感度や良く、底取りやアタリを取ったりするのに優れています。PEには、4本撚り・8本撚りなどといった物があります。簡単に言ってしまえば、4本の糸を案編んで1本にした物を4本撚り・8本を編んで1本にした物が8本撚りと言われます。どちらを使用しても構いませんが8本撚りの方が引っ張り強度を強く、細いラインを使用する事が出来ます。

  • のませ仕掛け

    鈎が1つの物や2つの物があります。どちらを使用しても構いませんが2本針は、群れが大きい時、ダブルヒットが狙える!喰いが渋い時には、2つで強烈アピールが出来る。釣れる棚が掴むのが難しい時に2つで効率良く探っていく事が出来ます。1本針は、根掛かりの激しいポイントへいく事もありますの少しでも根掛かりやおまつりを避けるのに適しております。仕掛けを守る意味でもステ糸仕様と書いてある物も良いでしょう。

  • オモリ(胴突き)

    主に使用するオモリは、六角オモリ・胴突きオモリの2種類だと思います。船のませをする場合、どちらを使用しても構いません。六角オモリの特徴につきまして、頭が小さく、おしりが大きい形をしています。この形は、潮に流されにくい形状をしています。しかし、根掛かりの多いかたちでもあります。胴突きオモリは、細長い形状をしている事から根掛かり回避能力が非常に高いです。