•            
  • 会社概要
sp-menu
船コウイカ吞ませ

青物狙いの吞ませ釣りの活餌といえば、活アジが一般的ですが、「デカイ餌にはデカイ獲物が喰い付く」をコンセプトに活コウイカを餌にブリ、メジロ級の大物にターゲットを絞った泳がせ釣りになります。必然的にロッド、リール、仕掛も通常の呑ませ釣りよりも一回り大きく、専用の呑ませ釣りロッド、電動リール等の強度のあるタックル選びが重要となります。ジギングタックル(ベイトタイプ)でも代用出来ます。

必要なアイテム

  • ロッド

    大型青物を想定した強靭なパワーと粘りを持ち、獲物を自在にコントロール出来るパワーロッドが必要となります。操作性に優れた7:3調子、全長210~240㎝、錘負荷80~100号位のロッドを選択、落とし込み用のしなやかなティップがあれば、前アタリも分かり易く、喰い込みも抜群です。

    推奨ロッド:
    アネスタ落とし込みスペシャル235(プロトラスト)

    詳しくはこちら
  • 電動リール

    鰤、メジロ級の青物ともなるとパワーも桁違い、水深50メートルからのやり取りと成るとかなりの労力が必要と成ります。電動リールがあれば、ダイヤル一つで強靭なモーターパワーを活かし、大型青物を楽々と浮かせます。10kg以上のドラグ力、ダイワならマグマックスモーター、シマノならムテキモーター+の高トルクモーターを搭載したリールがあれば、安心です。

    推奨リール:
    シーボーグ300J(ダイワ)
    フォースマスター800(シマノ)

  • ジギングリール

    鰤、メジロのパワーに負けない高い剛性と力強く巻き上げるギアシステムを併せ持つジギング用リールもお勧めです。ステンレス+カーボンワッシャークロス搭載のドラグシステムで高い耐久性と滑らかなドラグ性能が強靭な青物の引きにも対応します。大型のパワーハンドルで巻き取りも楽々です。スプールロック機構があれば、根掛りしてもスプールが逆転せず、根掛り外しも安心です。
    推奨リール:
    オシアジガー1500PG(シマノ)
    オシアコンクエスト300PG(シマノ)

  • ライン

    ブリを想定としたライン設定となるため、PEライン2.5~3号、200Mを巻いておけば問題ありません。基本、底の荒いポイントを流すことが多いため、瀬擦れ防止を兼ね、リーダーはフロロカーボン50LB(14号)を5M以上付ける事をお勧めします。

    推奨ライン:
    ドンペペ8 3号200m(ゴーセン)
    ショックリーダーフロロ50LB(バリバス)

  • 仕掛

    コウイカを餌とするため、専用の仕掛を使用します。コウイカの形状から針を多点掛けするため、2本鈎、3本鈎仕掛のアイテムが主流となります。ブリを想定しているため、ハリスは太目の物を選んで下さい。

    推奨仕掛:
    がちんこ泳がせ3段仕掛ハリス14号(ハリミツ)
    コノシロのませ3段鈎ハリス10号(ハリミツ)
    船大物のませダブルハリス12号(オーナー)

  • オモリ

    潮の状況、水深によりますが、仕掛けをキッチリと立てられる号数の物を選んで下さい。船宿によってはオマツリ防止のため、敢えて号数を指定しています。明石の鹿の瀬ポイントの20~60mの水深で80~100号のオモリを使用します。

    推奨オモリ:
    六角オモリ80・100号(タカタ)