船胴突きアコウ釣り仕掛

【竿】 2.0M~2.4M 鉛負荷30号~100号 8:2調子又は 7:3調子の胴が強く感度のよいもの。
【リール】 中、小型両軸リール。ドラグ性能が良く、巻き上げパワーの強い物。
【ライン】 PE2~3号 150m~200m
【仕掛け】 胴突き仕掛け1鈎
【オモリ】ホゴオモリ 35号前後

釣り方:活きた海エビを使用します。針をエビの口からまっすぐ入れ後頭部のツノのあたりに針先が出るか出ないかぐらいにセットします。

船長さんの合図と同時に素早く仕掛を投入します。オモリが着底したら糸ふけをとりオモリが岩礁の上にある事を感じながら糸を張らず緩めずでアタリを待ちます。船が流れて行き仕掛けが斜めになるとロッドをあおってオモリを岩礁から浮かせまた竿を下げ仕掛を移動させます。オモリが岩礁についたらまた先程の釣り方をする。おおざっぱに言うとこの繰り返しです。しかし、海底は起伏が激しかったり、かけあがったり、さがったり、海藻があったりetc。。。根掛かりが頻発します。その為少しでも根掛かりを少なくする為に1本針を使用します。

アタリがあったら少し送り気味にし大きく合わせます。魚が乗ったのが感じられたらアコウが根に張り付かない様に早巻きで根から離します。その後は一定のテンションでゆっくり巻き上げる事がバラシを減少させます。もしアコウが根に張り付いた場合は船を流しながら仕掛けを引っ張ったりゆるめたりを繰りかえしてみます。何回かに一回はそれで取り込めることがあります。

アコウは幻の高級魚と呼ばれるご馳走です。しっかり血抜き、神経締めをして氷のしっかり入ったクーラーボックスで持ち帰り美味しくいただいて下さい。

必要なアイテム

  • トルクリフター200MH

    こちらのロッドは、30号~80号までのオモリの使用が可能でいろんな魚種、釣種をカバーする事が出来ます。フルカーボンソリッドとなっており竿先は、海底の状態が分かるりやすい感度と魚が掛かってからは、脅威のトルクとパワーで魚を上げてきます。初心者から上級者まで幅広く納得して頂けるロッドですので是非ご使用下さいませ。

  • 中小型両軸リール

    PEラインの2~3号を150M以上巻く事の出来る両軸リールがおススメ!引きの強い大型魚との対戦になりますのでパワーハンドル仕様等で巻き上げ力の強い物が良いです。更にドラグ性能の良いものであれば不意の大物とのやり取りにも強い味方となります。ジギング用のリールには根掛かり時ラインを切るのにとても便利なスプールロック機構のある物もあります。太いPEラインを切るのは結構大変。腕力に自信の無い方、女性におすすめです!

  • 胴突き仕掛け1本針

    根掛かりが激しい釣りですので1本針がおススメ!替え針も必需!!1回の釣行で仕掛け、替え針を各2~3袋は持って行った方が良いです。根掛かりを恐れると釣れません。予備をしっかり準備し攻めて下さい!

  • ホゴオモリ、六角オモリ35号

    根魚独特、根掛かりの激しいポイントが多い為、徳用オモリを一人2袋の準備をおすすめします。ホゴオモリが根掛かりしにくい形でおすすめです。重さは35号がメインですが30~40号まで幅広く用意する事をお勧めします。35号2袋、30号、40号は少量あれば良いと思います。