つりのトレンド情報

冬の寒グレシーズン到来!

築山渡船さんにお世話になり、和歌山みなべ堺の磯にグレを狙いに行ってきました。

冬に一番のシーズンを迎えるグレ、期待を胸に磯に渡りました。

 

道糸2号、ハリスは1.5~2号を用意、タナは1ヒロ~2ヒロ程度で実釣を行いました。

ウキの調整はウキが水面直下10cmほどでサスペンドする状態に設定しました。

この状態だと、波の影響で仕掛けが上下しにくく魚に違和感を与えません。また、潜り潮などに入っていきやすく、水中を自然に漂わすことが出来ます。

 

撒き餌を投げる際、エサ取りが多い時はまず足元に投げ、エサ取りを足留めしておきましょう。ポイントに投入する時はしっかりと固める事、ばらけてしまうとエサに寄せられて外道が集まってしまいますよ。

 

アタリが少なくとも、ポイントを作っていくイメージで一カ所で腰を据えて撒き餌を投入していきます。

後々、エサが効いて来たときによく釣れる様になります。

 

当日は潮が動いておらず、渋い状況が続いたものの、1日粘ってある程度数も揃いました。

グレ釣、おすすめです。

エサ

オキアミと、配合エサを2種類混ぜて使用。

混ぜる際のポイントとしては、オキアミを細かく切るように混ぜること、複数の配合エサを使う場合は一度に混ぜてしまわず、匂いのきつい物から混ぜること(匂いを浸み込ませる)、配合エサを少し残して置いて刺し餌にまぶす事(撒き餌と同調させる)ですよ。

 

ウキ

今回はプロトラスト「エクセレントフロート」を主に使用しました。

ウキの調整はウキが水面直下10cmほどでサスペンドする状態に設定しました。

この状態だと、波の影響で仕掛けが上下しにくく魚に違和感を与えません。また、潜り潮などに入っていきやすく、水中を自然に漂わすことが出来ます。

一覧に戻る