•            
  • 会社概要
sp-menu

つりのトレンド情報

加太の鯛ラバゲーム

加太の三邦丸さんへ鯛ラバゲームに行ってきました。

例年、加太の春の鯛ラバは、赤をメインに使う事が多いのですが今年は特に赤が良いという情報は無く、ゴールド系の色に反応しているとの事でした。

メインに使用するヘッドは、60~90gです。水深は30~40mです。朝一に釣果が出る事も多く、集中し釣っていきます。みよしで釣りをされて

いた方に40cmのマダイがヒット!しかし後が続きません。途中でハマチ・丸ソーダを追加しますが本命のマダイは、なかなか姿を見せてくれません。

後半は、ドテラ流しの鯛ラバに!斜めに流して行く釣りになります。ヘッドも80g以上でTGが絶対のオススメです。底の取れ方が違います。水深は

40mに対して60~80m近く糸を出して探っていきます。三邦丸では、100m近く糸を出しますが他の船では、200m出す事もあるのでリール

には、PEライン300mを巻いておくと安心です。潮に引っ張られながらの釣りになりますのでリールも通常のダブルハンドルよりもラウンドノブのハンドル

の方がパワーもありますので良いでしょう。また、初心者や中級者には、カウンター付きのリールをオススメします。安心して糸を出していけ目安にも

なります。あまり出し過ぎてしまうとおまつりの原因にもなりますので注意が必要です。近年、こちらの方面でもスカートを使わないネクタイと鈎

だけの仕掛けが主流になってきております。鈎も小さい物が良く、私自身、ドテラで流して竿先が曲がっている状態でもアタリが非常に小さく喰いの

渋さを痛感しました。そういった所も今後の改良に繫げていきたいと思います。当日の状況は思わしくなくこういった時こそひたすたやり続ける事が

大切になってきます。こちらの写真の1枚もラスト1投で釣れた真鯛です。あきらめない事が大事です。皆様も加太の鯛ラバゲームどうですか?

オススメロッド

プロトラスト ブレイクゲームTR69m

30g~100gまで乗せれる加太方面ではベストマッチ!

ソリッドの穂先を使用している事で感度が非常に良くなっております。

スパイラルガイドになっているのでトラブルが激減し、手返しが良くなります。

鯛ラバにとって手返しは非常に重要で釣果にも直結します。

メジロクラスも上がるパワーも兼ね備えておりますのでオススメです。

 

 

 

オススメリール

プロトラスト ブリーザ150PH

ドテラ流しでも安心、PE0.8 1.0が300m入ります。安心して流せます。

ハンドルもパワーハンドルが付いていますので楽にしっかり巻き上げる事が可能です。

リールのパワー不足にお悩みの方は是非使ってみて下さい。

 

一覧に戻る