•            
  • 会社概要
sp-menu

つりのトレンド情報

加太沖にタイラバに行って来ました。

加太沖へタイラバに行って来ました。お世話になった船は、淡輪漁港の白墨丸さんです。当日は、前日にまとまった雨が降り午前中まだ少し雨が残り、ウネリも少し残り水潮が回る最悪のコンディションです。
こちらの船は、ドテラ流しを得意とする船です。早朝50mぐらいまでの浅場で狙います。ヘッドはオレンジ系の80gでネクタイはカーリーのオレンジや赤を主体としたものでトレーラーはスラッシュのライブサタンを付けました。スタッフのロッドは沈黙する中、口火を切ったのはスピニングロッドを手にした常連さん、30~40cmまでのタイを連続で4枚ゲット! 常連さんの腕もさることながら、底近くのタイを水平に広範囲に探れるスピニングタックルは恐るべしです。その後100mを超える深場に移動、エンジン音の影響を受けにくいドテラ流しをする船は、仕掛けも流れやすく重たいヘッドが必要です。このポイントでは120~150gのヘッドを使いました。結局スタッフは、浅場で、1枚30cm級が1枚釣ったのと上層でヒットしたハマチ1枚といった貧果でありました。船長さんは釣らせてあげようと色々回って下さりましたが、腕と条件が揃わずこういう結果になりました。でもスピニングタックルの重要性を垣間見た釣行でありました。

爆発力のあるスピニングロッド。

50mぐらいまでの浅場では特に有効な、スピニングロッド、底近くのタイを水平方向に幅広く探るには、遠投が効くスピニングロッドが良いです。オススメは、スラッシュ スパライダSP-S712M-TB よく飛び尚且つ穂先は敏感の優れものです。もう1本グローブライド 紅牙AIR TJ74MHS 100gまで投られる優れものです。 リールは、ベアリングが6個以上入って 0.8号のPEが200m巻けるリールであればOKです。
巻き方は割と早めでも食ってきます。

有効なタイラバ。

ヘッドは80g~150gが必要です。カラーは、オレンジやレッドが有効で、ネクタイはカーリーも良く、カラーは、ケイムラや定番のオレンジ、レッド等。特に100mを超える深場では、ドテラ流しの場合流れるので、120g~150gのヘッドが特に必要です。トレーラーは、スラッシュのライブサタン3”が最適です。
浅場のヘッドはデルタバイトなど、深場は、紅牙シリーズ、タングステンのヘッドは高価ですがシルエットが小さく余裕があれば、使われるのも好釣果の期待大です。

 

一覧に戻る