•            
  • 会社概要
sp-menu

つりのトレンド情報

日本海でイカメタル。

今回は京都府伊根町の「珀宝丸」さんのお世話になりイカメタルへ行って来ました。

今からがシーズンで繊細なアタリを拾っていくのが楽しいイカメタルを今回ご紹介させて頂きたいと思います。

まずロッドですが、イカメタル専用ロッドが望ましいですが、ティップランロッドでも代用ができます。

リールとラインに関してはライトにつられたイカが浮いてきてタナが上へ上へと変わっていきますので、リールはカウンター付の物が必須、PEラインは0.6号を200m、リーダーはフロロカーボンの3号を2ヒロあれば良いでしょう。

鉛スッテは日本海なら15号・20号が主流ですが、潮の流れの速い場合は25号・30号、イカが浮いて来たら軽いほうが有利ですので8号~12号の軽い鉛スッテを使いましょう。

ドロッパー(リグの上部に付けるスッテやエギ)はカラーローテーションを組むのが重要、カラー・重さ共に色々取り揃え、反応がないと思ったら交換するよう心がけましょう。

繊細なアタリを如何にうまく拾っていくかが釣果のカギになりますので、少しでも違和感を感じたなら即座に合わせていくのが釣果UPの秘訣です。

釣って楽しく食べておいしい剣先イカ、皆さんもイカメタルをしませんか?

 

 

 

 

オススメロッド

SLASHのアーカードオーシャン、ティップランロッドですが、イカメタルでも利用できます。

スパイラルガイドを採用しているだけでなく、ベリーからバット部はステンレス製Kガイド、ティップはチタン製LDBガイドを採用することにより糸絡みが少なくトラブルレス、ライントラブルに悩まされることも減り、快適に釣りを楽しめます。

穂先はホワイトティップで視認性に優れているだけでなく感度も抜群、俗にいうイカパンチによる小さなアタリも見逃しません。

 

オススメ鉛スッテ

今回使用したのはSLASHのバウンスッテ、プニプニとした触感が特徴の鉛スッテです。

ベイトに似せたボディの触感がイカに違和感を与えず、さらに背中にはケイムラ塗装を施しておりアピール力も抜群!ケイムラ特有の光がイカを誘います。

フックは日本製のカンナフックを採用しており、上針の線径は小さく下針は大きくすることによってガッチリとフッキングします。

 

一覧に戻る