エギング

エギングとはエギといわれるルアー(疑似餌)でイカを釣ることを言います。エギはもともと船で使われていた餌木を漁具をルアー風にアレンジしたものでそのほとんどがエビを模した形状になっています。

基本的な釣り方としてはエギング専用ロッドを使い下から上に向けて1~3回ほどシャクリ上げた後にエギが底に落ちるまで待つ、この動作を繰り返すだけの簡単な釣り方です。

イカからアタリが出るのはシャクリ上げた後のエギが落ちている時にあることが多く、モゾッだとかコツッなど小さいアタリがでたり、急に糸の落ち方が変わったりするのでその時にアワセをいれます。
(ただおもいっっきりアワセを入れると身切れしてしまうこともあるので注意が必要です)

掛かった後も魚と違い長いストロークで引っ張る独特の引きをするのでハマってしまうこと間違いなしです。

必要なアイテム

  • ロッド

    エギングにはエギング専用ロッドを使用します。餌木をシャクリ上げるために全体的にハリが強く、シャクリ上げた時に出る糸ふけがガイドに絡みついてしまうのを軽減ように設計されているロッドが多いです。初めてエギングロッドを使用されるなら8.0~8.3フィートのMLからMクラスがオススメです。

  • リール

    各メーカー2500から3000番クラスのスピニングリールを使用します。最初はナイロンラインを使用されると良いと思います。そのため深溝タイプのリールに3号クラスを100mぐらい巻きましょう。ただ最近では飛距離を伸ばしたり、感度を良くするためPEラインを使用される方が増えてきており、PEライン使用しやすいのエギング専用リールもあるので使用してみるとよいでしょう。

  • ライン

    ナイロンラインを使用されることもありますが最近では強度があり、感度もよく、飛距離を伸ばすことができるPEラインを使用することが多いです。ただPEラインは直接結んでしまうと摩擦が掛からず抜けてしまったり、根ズレに極端に弱いためそのままでは使用することができないラインです。なので先にショックリーダーを1.5mぐらい付けるとよいでしょう。

  • リーダー

    リーダーは通称ショックリーダーと呼ばれていて道糸を補強するためのものです。例えばPEラインを使う場合は極度に伸びが少なく合わせで切れてしまったりすることがありますが、その時にリーダーがあればショックを吸収し、高切れを防ぐことができます。他にもPEラインは擦れに極度に弱い性質があるため、魚の歯にあたっただけで簡単に切れてしまいます。そのため道糸の歯擦れや根擦れ対策として擦れに強いフロロカーボンラインをリーダーとして使用することが多いです。

  • スナップ

    スナップはエギ・ルアー・仕掛けを簡単に接続できる金属で出来た小さなパーツで、いろんな釣りのジャンルに合わせて種類・形がたくさんあります。直接道糸と仕掛等を結んでも問題は無いのですが、交換時にどうしてもラインを切らなければいけないという手間を解消してくれるすごく便利なものです。(ただ糸へ傷などのダメージが入ってることに気が付きにくくなるので必ず数投に一回はチェックしたほうがいいでしょう。)

  • 餌木

    日本に昔からあるイカ釣り用釣具の一種で、漁師さんが海に浮いている木にイカが抱きついている様子を見て考案されたと言われています。基本的にはエビに似せた形や模様を施しており、木材やプラスチックで形成されている。近年ではエギ自体もかなり進化していて夜光塗料が塗られていて光ったり、エギの内部で音が鳴るようになっていたりと多種多様なエギが各メーカーから出ています。