•            
  • 会社概要
sp-menu
カハワギ (船)

【竿】  1.8M~2.4M 鉛負荷10号~25号 8:2調子の胴が強いもの。

【リール】中型、小型両軸リール

【ライン】PE1号~1.5号

【仕掛け】カワハギ胴突き仕掛け5号~7号

【オモリ】10号~25号前後

釣り方:エサにはアサリ、ムキエビ、青虫等を使用します。針のサイズは魚の大きさによって変えます。針先を出るか出ないかぐらいにエサを刺します。船長さんの合図で仕掛けを投入します。オモリが着底したら糸ふけを取りロッドを上下させて魚のアタリを待つ釣りです。アタリがあったら掛け合わせましょう。魚が掛かったら一定のリズムでリールを巻き上げます。エサ取り名人とも言われるので仕掛けを投入後、5分前後でアタリが無くても仕掛けを回収しエサのチェックをしましょう。

 

必要なアイテム

  • ロッド

    アタリが取りやすい8:2の先調子の竿を使用します。

    使うオモリや水深で竿の硬さ(どのぐらいオモリが乗るか)が変わってくるので一度出船前にご確認下さい。

  • リール

    仕掛けを底まで落として行う場合カウンター無しでも大丈夫ですが、水深を安易に把握できるカウンター付きのリールが便利です。PE0.8号~1.5号を100M以上巻けるリールがオススメです。

  • ライン

    引っ張り強度や感度(細かいアタリを取る)の面からラインはPEラインを使用します。カハワギ釣りの場合は1号~2号前後が一般的です。糸量は水深の2倍以上がベストです。(糸を150Mぐらい巻いていればトラブルがあった場合でも安心です。)

  • 仕掛け

    市販の胴突き3本針で根掛かり等もあるので予備はしっかり準備して下さい。

    岩礁等に仕掛けがあたることで針先が丸くなり、魚の掛りが悪くなるので交換も考慮して3セット以上は必要です。

  • ナマリ

    仕掛けを目的の水深まで送り込む役割を果たします。よく使用されているのが六角と言われるオモリです。(写真右)

    ホゴオモリは根掛かりを回避してくれます。(写真左)

    カワハギ釣りの場合、集魚オモリと言われる夜光塗料を塗られたオモリを使用される方もおられます。

    潮の速さや水深によって使用されるオモリの号数が違うので事前に船宿にお問い合わせ下さい。

狙える魚