タイラバ

タイラバとはもともと漁師さんが使用していた漁具をルアー風にアレンジしたものです。釣り方もすごくシンプルでジギングみたいにシャクったりするわけではなく落として巻き上げるだけです。
ただ着底後に不自然においたまだったり、巻き上げのスピードが一定ではなく早すぎたり遅すぎたりしても魚に見切られたりするので注意が必要です。

アタリは巻き上げている時にモゾモゾという違和感から始まりコンコンッという変わり最終的には竿を絞りこむようなあたりに変わりますがこのときに巻き上げを止めたり、アワセを入れると魚が外れる原因になる事があるのでアタリが来ても一定のスピードで巻き上げましょう。

それ以外で最も重要なのがネクタイのカラーで甲殻類を食べている時はオレンジ・レッド系で魚やイカ等を食べている場合はクリアー・ホワイト系を使用してもらうと釣果に繋がりやすいでしょう。

必要なアイテム

  • ロッド

    始めてタイラバをされる場合ベイト用のロッドを使用されるとよいでしょう。ベイトリールの方が巻き上げが安定し、タイラバに必要とされる等速巻きが行いやすいからです。
    また、ある程度長さのあるロッドのほうが取り回しが良く、船べりにラインが接触し、ラインが切れてしまうというトラブルも減らすことが出来るからです。
    それを考慮すると、最も汎用性がある6.5~6.9フィートクラスのタイラバロッドがオススメです。

  • リール

    タイラバにはスピニングリールを使用することもありますが、基本は両軸タイプのリールを使用します。
    タイラバは落として巻き上げるという簡単な釣り方ですが巻き上げが不規則だったり、巻き上げが早すぎるすると釣果に影響が出ることが多いためハンドル一回転あたり60~70前後の両軸リールを使うと安定した等速巻きが出来るのでオススメです。

  • ライン

    ラインは感度もよく強度もある細いPEラインを使います。基本的に船の真下に落として巻き上げるという動作のなかで太い糸を使用した場合底がとりにくいために根掛かりしやすくなったり、釣果が落ちてしまう原因になるからです。ただPEラインは直接結んでしまうと摩擦が掛からず抜けてしまったり、根ズレに極端に弱いためそのままでは使用することができないラインです。なので先にショックリーダーを1.5m~3.0mぐらい付けるとよいでしょう。

  • リーダー

    リーダーは通称ショックリーダーと呼ばれていて道糸を補強するためのものです。例えばPEラインを使う場合は極度に伸びが少なく合わせで切れてしまったりすることがありますが、その時にリーダーがあればショックを吸収し、高切れを防ぐことができます。他にもPEラインは擦れに極度に弱い性質があるため、魚の歯にあたっただけで簡単に切れてしまいます。そのため道糸の歯擦れや根擦れ対策として擦れに強いフロロカーボンラインをリーダーとして使用することが多いです。

  • タイラバ

    元々は漁師さんが使用していた漁具をたまたまそれを知ったルアー釣りする人が試したことで出来たルアーと言われています。最初は商品として鯛玉オモリ・ハリしかなく風船や袋を切ってネクタイ風に切ったものが一体になった固定式が主流でしたが、最初からカットされていてすべてのパーツがバラバラにすることができ交換も簡単な遊動式が主流になってきます。チェンジストッパー等のパーツを使用すればネクタイ交換等が楽に出来、自身でオリジナルのタイラバを作成できるのも魅力の一つです。

狙える魚