船タコテンヤ

【仕掛】

竿はティップが入りやすく、バットパワーのある物、

リールはドラグ力が強く、剛性のあるものがオススメです。

ラインはPEの1号から2号で8本撚りの物が好ましいです。

リーダーはフロロカーボンの5~8号をヒトヒロ、

その先にお好みでタコビラやタコベイトを付けるとアピール大です。

蛸餌木は一つでも充分ですが、二つあると更に良いです。

オモリは潮の流れ、オマツリのし難さを考え、確実に底の取れる

50~70号の使用がオススメです。

【釣り方】

まずは仕掛を落とします。

この時に、ラインテンションを少しかけ、オマツリを防ぎつつ、

確実に底を取ります。

底の小石や砂の感触を感じながら、強弱をつけつつタコエギを動かし、

タコを誘います。

この時におもりが海底から離れてしまうと、タコが抱きついてくれないので、必ずオモリは底についている状態を保ってください。

【アタリ~取り込み】

蛸が抱きつくと竿先にゆっくり重みが乗ります。

この時に直ぐには合わせず、すこし呼吸を置いてから大きくアワセを入れて下さい。

針掛かりしたら、後はゆっくりと一定のペースで巻き上げて下さい。

小型のものは糸を持ってそのまま引き抜き、大型のものはタモ網を使って確実に取り込んで下さい。

必要なアイテム

  • ロッド

    先端がソリッドティップのもので、バットパワーのあるものの使用をお勧めします。

    ソリッドティップはタコの当たりを感知しやすく、バットパワーでタコを引き剥がします。

    【参照ロッド】

    プロトラスト

    アネスタ太刀魚スペシャル190

  • リール

    ドラグ力の強い物、またギアの剛性の強い物

    の使用が適しています。

    落し込む場面が多く、パワーが必要な釣りなので、

    ベイトリールがオススメです。

    【参照リール】

    プロトラスト

    レッドグレード100

    シマノ

    オシアコンクエスト301HG

  • ライン

    ラインは1号~2号の8本撚りのPEラインの使用を

    オススメします。

    100m程巻いておけば十分対応出来ます。

    【参照ライン】

    ダイワ

    メガセンサー8ブレイド

    ゴーセン

    ドンペペ8

  • リーダー

    リーダーは最低でも5号以上を使用して下さい。

    万が一根掛かりしても、針を曲げて回収する事が可能です。

    【参照ライン】

    シーガー

    フロロショックリーダー20lb,30lb

  • タコビラ

    更にアピール力をupさせたい方はタコビラの使用をお勧めします。

    蛸の活性が下がった時などにアクセントで使用して頂くと、

    思わぬ釣果を得られることもあります。

    【参照タコビラ】

    オーナー針

    船たこ集寄ブレード

    ささめ針

    タコ連結寄集

  • テンヤ

    オモリ同様、流されない為、オマツリを防ぐ等の理由で

    50号前後の使用をお勧めします。

    タコエギの反応が無い時間帯に投入すると反応がある時も。

    【参照テンヤ】

    住吉丸

    エサ付けテンヤ

    墨族

    職人タコテンヤ

  • エサ

    テンヤに巻き付けて使用します。

    豚の脊油、カニ、イワシ等種類は色々ありますが、

    近年人気なものはワームタイプのエサです。

    【参照エサ】

    アシスト工房

    タコの恋人